能登屋旅館

能登屋旅館
〒999-4333 山形県尾花沢市銀山温泉
TEL 0237-28-2327
http://www.ginzanonsen.jp/notoya/

寺の搭のような独特な4層の望楼が建物の中心になっている木造4階建ての山形県の秘湯こと銀山温泉の宿です。川岸に建つ本館は1921年に建てられた国の登録文化財です。どっしりとした入母屋造りで、すっきりとあか抜けたたたずまいを感じさせてくれます。建物の右隅に揚げた大きな鏝絵の「木戸佐佐え門」の看板は、能登の七尾から鉱山師が訪れ、この地で湯宿を開いて先祖の名前。能登屋の屋号もこれに由来します。

大浴場は2箇所あり、ひとつは檜と御影石の2つの湯船があり、もうひとつは総檜の内湯に露天風呂があります。時間で男女が入れ替わるので、どちらの温泉にも入れますが露天風呂は冬期間、雪の為閉鎖することもあります。また、自由に入れ、貸切りの元湯洞窟風呂は、先祖が温泉を発見した場所だといいます。食事は2名から部屋出しで、銀山温泉の地元の尾花沢牛や山菜、川魚がメインの和食です。客室はすべてトイレ付きの和室です。裏山斜面に建つ別館は本会の4階と結ばれています。

湯けむりが導くロマンチックストーリー。
過ぎ去り日の思い出を伝えて・・・

川面に映る懐かしい風景を
静かに揺らして、そっと
風が吹き抜ける。
今、ゆるやかに流れゆく
歴史の川を紐解いて
まるで物語の一シーンのように。

■施設のご案内
客室 和室17室(バス・トイレ付含む)
宿泊人員 90様
宴会場 大広間 1(60畳)
中広間 1(24畳)
浴室 殿方・御婦人大浴場各1
露天風呂1(冬季は休み)
元湯洞窟風呂1
その他 多目的ホール喜楽(食堂、宴会、会議など)
売店、専用駐車場完備
※送迎用マイクロバス有り(15名様以上)

■泉質と効能
泉質 含食塩硫化水素泉
浴用の適応症 神経痛、創傷、皮膚病、
婦人科疾患、痔症、リウマチ

銀山温泉の能登屋
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。