銀山温泉

銀山温泉の雪景色
銀山温泉は、山形県尾花沢市の市街地から東に19qほど行った閑静な山間にある昔ながらの温泉地です。銀山川の清流をはさんだ両側に三層、四層と木造の旅館が軒を接するように並んでいます。


湯煙もあがり温泉街の光景は風情たっぷりで、浴衣姿に下駄履きで散歩すれば、さらに温泉情緒を肌で感じられます。銀山温泉の温泉街は、200メートルあまりです。


大正時代の洋風建築を取り入れた木造の宿が殆どで、大正ロマンを平成の時代に伝えているようです。


銀山温泉の名物といえば、菓子博覧会で栄誉賞を受賞したこともある亀屋の亀まんじゅうが有名です。こしあんで、皮は黒砂糖を使った茶色をしています。


また、銀山温泉には、各旅館の宿泊客であれば無料で入れる無人の公衆浴場があります。外観はなまこ壁の蔵風で、浴室はタイル張りの簡素なつくりになっています。入浴料金は女性浴室の入り口の料金箱にいれるようになっています。


銀山温泉は名が表すように、日本三大銀山のひとつ延沢銀山で栄えたところです。1962年に幕府直轄の銀鉱となり、最盛期には関係者をはじめ工夫とその家族で人口が2万人を超したと言われています。


温泉は江戸時代の初期に、新しい鉱脈を探していて、偶然に湧き出たものです。銀山は、それから間もなくして衰えていきましたが、温泉は今もなお湧き出ています。


近年は老若男女を問わず多くの温泉ファンが訪れています。当時を偲ぶ国指定の史跡の延沢銀山坑洞が温泉街の奥に残されていて、明かりに照らされた坑道内は神秘に満ち、往復約30分で見学ができます。


また、その手前には銀山川に架かる白銀の滝もあり、対岸から眺める全容は圧巻です。1983年にNHKで放送された朝のテレビ小説「おしん」の舞台になったのも、銀山温泉です。なお、銀山温泉への温泉街への一般車の乗り入れは禁止されています。


情緒溢れる名湯、銀山温泉の旅へ出掛けよう!

銀山温泉の観光

■銀山温泉の観光
銀山を流れる谷間になる銀山温泉街。一般車両の進入は出来ないので手前の駐車スペースに車を預けて徒歩で向かいます。規模の小さな温泉がですが、時間を掛けて訪ね歩き、古き良き大正ロマンの名残りが感じらる、その良さをじっくり味わうのが銀山らしい過ごし方と言えます。

■和楽足湯
銀山温泉の旅館街の手前の川畔に設けられた足湯で、源泉が流れ込んでいます。ゆったりとして開放的な造りで、川の流れを眺めながら寛げます。

■大湯
郡山の木造旅館群に囲まれるようにある共同浴場。湯船がひとつあるだけにシンプルな造りで、数人も入ればいっぱいになります。管理人は不在なので、料金箱に入浴料を払って利用します。時間:8〜20時、入浴料:\200

■しろがね湯
白銀橋から銀山温泉街とは反対側へ向かった地に立つ三角形の建物。こじんまりとした浴室は1階と2階に分かれて男女入れ替わり。時間:8〜17時、入浴料:\500
銀山温泉(しろがね湯)


■銀山洞散策
銀山の名の由来となった銀鉱は廃山となっていますが、その名残の銀鉱洞跡は今でも保存され、内部を見学することができます。銀山温泉街から散策道が整備され、白銀の滝や洗心峡などを見ながら歩いていくと銀山洞へ辿り着きます。洞内は薄暗く、ひんやりとしています。温泉街からは片道15分程度。尚、積雪期は散策路が閉鎖されています。
銀山温泉(銀山洞散策)


■伊豆こけし工房本店
銀山温泉の奥まった地になる伝統のお店。NHKの朝の連続テレビ小説「おしん」にも登場した「おしんこけし」も販売されています。

■亀屋
こしあんを黒砂糖を含んだ皮でくるんだ小さな亀まんじゅう。銀山温泉の名物。おみやげにどうぞ。

■元祖とうふや
銀山の水で作った手作りとうふ。木綿豆腐1丁!テイクアウトできるので、近くのベンチに掛けて食べよう!

山形県銀山温泉へのアクセス

山形県銀山温泉への交通の案内

所在地:山形県尾花沢市銀山新畑
交通:
[電車でのアクセス]
JR山形新幹線大石田駅から銀山温泉行きバスで40分

[お車でのアクセス]
山形自動車道山形北IC⇒国道13号線⇒県道120⇒尾花沢市街の案内板を右折⇒国道347号線⇒鶴巻田右折⇒県道29⇒県道188⇒銀山温泉
※山形北ICから51q

[飛行機でアクセス]
山形空港⇒車で1時間 ⇒ 銀山温泉
山形空港⇒バスで40分 ⇒尾花沢⇒バスで40分⇒銀山温泉

■銀山温泉への距離
山形⇒尾花沢 約44km
新庄⇒尾花沢 約20km
酒田⇒尾花沢 約73km
古川⇒尾花沢 約60km
寒河江⇒尾花沢 約32km
尾花沢⇒銀山温泉 約15km

大正ロマンを満喫できる木造旅館が川の両岸に並ぶ昔ながらの温泉、銀山温泉へ行ってみませんか?
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。