旅館 松本

旅館 松本
山形県尾花沢市銀山温泉

真心のもてなしが自慢の銀山温泉の宿。料理は全て女将手作りです、銀山温泉の地元の素材を中心に山と川の旬の幸が並びます。風呂は天然温泉100%の湯が溢れる木造りの浴槽がなんともいえずゆったりできます。「小さな宿のぬくもりを感じながらゆっくり過ごして欲しい」がモットーの宿。

銀山温泉の旅館松本は、部屋にいると川の流れる音が心地良く贅沢な気分になります。夕食は部屋でゆっくり食べることができます。

銀山温泉の自然は、冬の雪景色をはじめ四季折々の表情をみせます。季節の風情と温泉を満喫してください。

▼銀山温泉の旅館松本へのアクセス
・JR尾花沢駅より車で30分

東京から:JR山形新幹線大石田駅下車。市営バス銀山温泉行き40分。送迎あり(条件あり)。東北自動車道村田JCTより山形自動車道へ〜東根IC〜国道13号線を新庄方面へ。尾花沢より右折。パーキング 有り(無料)。冬季は国道347号線は通行止め。国道29号線は冬季通行止め、銀山温泉へは道幅が狭いので注意が必要。

銀山温泉(松本).jpg

古勢起屋 別館

▼古勢起屋 別館
山形県尾花沢市銀山新畑417

銀山温泉のほぼ中央に位置し、大正ロマンの香りがする木造4階建の建物と鉄筋5階建の建物の古勢起屋。川側は落ち着いた書院造りの和室と山側の静かな和洋室で、銀山温泉の情緒を堪能できます♪

料理は旬の味覚を満載。極上の尾花沢牛を陶板焼きで味えます。天然温泉掛け流しの温泉でゆっくり寛げます。歴史が残る仙峡の町、銀山温泉へ。

▼アクセス
JR大石田駅よりバス30分、東北中央道東根IC尾花沢方面へ40分、尾花沢バス亭より市営バスで30分

東京:
車以外/山形新幹線大石田駅より30分
車/東北道から山形道に入り東北中央道〜東根IC〜R13で北上尾花沢よりR347で40分

▼詳細は画像をクリック↓


旅館 松本

■旅館 松本
山形県尾花沢市銀山温泉

山形県尾花沢市にある銀山温泉は、奥羽山脈の山ふところの銀山川に沿って、湧き出していた源泉を内湯にした旅館が並ぶ湯の街です。

お風呂は木のぬくもりを生かした浴槽で、ゆったりした温泉情緒が楽しめ、新鮮な山と川の幸も味わえます。

情緒ある銀山温泉に佇み、源泉100%掛流す全10室のみの温泉宿。真心のもてなしが自慢の宿。料理は全て女将手作り、山と川の旬の幸が並ぶ。風呂は天然温泉100%の湯が溢れる木造りの浴槽。「小さな宿のぬくもりを感じながらゆっくり過ごして欲しい」がモットーの旅館です。

■アクセス
JR尾花沢駅より車で30分

※詳細は画像をクリック


旅館 永澤平八

■旅館 永澤平八
〒999-4333 山形県尾花沢市銀山温泉
TEL 0237-28-2137

1918年創業の情緒ある銀山温泉の宿です。建物は大正末期に建てられた木造の3階建て。フロント横の階段や各部屋は創業以来の伝統を感じさせられます。1階にある浴室は、男女ともに壁と浴槽の縁に檜を使った小振りの内湯の温泉です。女性用の浴室の壁には滝の絵が描かれています。露天風呂は3階に2つあり、どちらも塀で囲まれています。2つとも無料で入れる貸切風呂です。料理は山形牛を中心に、山の幸、川の幸が加わった郷土の味。貸切り風呂と建物の伝統ある雰囲気が、特に女性に好評とのこと。

■施設のご案内
建物:木造三階建て
客室:9室(トイレ付き)
宿泊人員:45名様
大浴場:男女各1
露天風呂、貸切家族風呂
駐車場完備

■泉質・効能
泉質:硫黄泉
効能:神経痛、創傷、皮膚病、婦人科疾患、痔疾、リュウマチ
銀山温泉の旅館(永澤平八)

銀山温泉 藤屋

藤屋
TEL(0237) 28-2141

銀山温泉の藤屋旅館は木造3階建ての大正ロマンの伝統を感じさせる宿です。屋根の上のモダンな搭がしゃれてます。男性浴室には金太郎と鯉のユニークな像があり印象的です。銀山温泉は川沿いに湧き出した源泉をそのまま内湯にして旅館が建てられたのが今日に至っております。出羽の名湯として名高く細かな湯花が混じった乳白色の温泉を堪能ください。夕食は風情ある角火鉢のテーブルでいただく宿自慢の寄せ鍋料理を味わえます。新館もあります。

銀山温泉へのアクセスは、JR山形新幹線大石田駅から銀山温泉行きバスで40分程度、終点下車です。日頃ことを忘れて、鉄道でのんびりアクセスし、大正ロマンの風情を味わう、格別の休日を楽しみましょう。

旅館 古山閣

■旅館 古山閣
〒999-4333 山形県尾花沢市銀山温泉
TEL 0237-28-2039

銀山温泉の古山閣は、唐破風の玄関、一刀彫りの欄間、無垢材の柱や梁など建物のいたるところに昔からの伝統ある風格を感じさせる3階建ての木造旅館です。織り上げの格天井や太い梁が丸見えになった離れは、200年前に建てられた蔵座敷です。各部屋風情たっぷりの銀山温泉の宿です。風呂は女性が木性で男性が石造り。男女入れ替えの露天風呂もあります。玄関の横には、子宝を授かるいういわれのある小さな銀山神社が祀られています。

■施設のご案内
建物:木造3階建
客室:和室12室
宿泊人員:60名
離れ蔵座敷:3部屋
宴会場:大、小宴会場あり
浴室:男、女各一、露天風呂
駐車場完備

■温泉の効能
泉質:含食塩硫化水素泉
浴用:神経痛、創傷、皮膚症、婦人科疾患、痔疾、リウマチ
飲用:便秘、貧血症、肥脾病、糖尿病、胃酸減少症

銀山荘

■銀山荘
〒999-4333 山形県尾花沢市大字銀山新畑85
TEL(0237)28-2322(代)
http://www.ginzanso.jp/
山形県・銀山温泉仙峡の宿 政府登録観光旅館

温泉街の入口、銀山川側に望む急な斜面に建つ近代的な鉄筋5階建ての宿です。玄関やフロントが4階になる旅館です。食事は夕食、朝食ともに部屋もしくは個室料亭を利用する会席料理が朱塗の器で出される山主御膳が人気。料理は地元の銀山温泉の食材をたっぷり使った宿自慢の味だ。大浴場は銀山川の畔りに造られた別棟にあります。男女とも露天風呂へは内風呂に入ったまま観音開きの窓を開けて行きます。露天風呂は内風呂よりも約2.5倍も広く、さらに杉材を枕にした露天の寝湯があります。男性用の寝湯には屋根がなく、夜空に輝く星を眺めながら温泉に浸かれます。銀山温泉の自然を満喫でできる風呂です。チェックアウトも12時と遅めなので、朝食後に風呂に入ってゆっくりできるもの嬉しいところ。部屋は全室バス、トイレ付き。

銀山川の清流のせせらぎ、野鳥のさえずり、葉ずれの音…。
露天風呂は、仙峡の宿にふさわしい幽玄な雰囲気をかもしだします。
湯けむりの向こうにひろがるのは、
春は新緑、秋は紅葉、冬は一面真っ白の雪景色…。
耳と目と肌で体の心からくつろげる瞬間を感じられます。

■温泉
効能:胃腸病・神経痛・創傷・皮膚症・婦人科疾患・痔疾・リウマチ
泉質:含硫黄・ナトリウム・塩化物・硫酸塩温泉
泉温:60度
加水:急激な気温の上昇のみ加水
加温:急激な気温の低下のみ加温

能登屋旅館

能登屋旅館
〒999-4333 山形県尾花沢市銀山温泉
TEL 0237-28-2327
http://www.ginzanonsen.jp/notoya/

寺の搭のような独特な4層の望楼が建物の中心になっている木造4階建ての山形県の秘湯こと銀山温泉の宿です。川岸に建つ本館は1921年に建てられた国の登録文化財です。どっしりとした入母屋造りで、すっきりとあか抜けたたたずまいを感じさせてくれます。建物の右隅に揚げた大きな鏝絵の「木戸佐佐え門」の看板は、能登の七尾から鉱山師が訪れ、この地で湯宿を開いて先祖の名前。能登屋の屋号もこれに由来します。

大浴場は2箇所あり、ひとつは檜と御影石の2つの湯船があり、もうひとつは総檜の内湯に露天風呂があります。時間で男女が入れ替わるので、どちらの温泉にも入れますが露天風呂は冬期間、雪の為閉鎖することもあります。また、自由に入れ、貸切りの元湯洞窟風呂は、先祖が温泉を発見した場所だといいます。食事は2名から部屋出しで、銀山温泉の地元の尾花沢牛や山菜、川魚がメインの和食です。客室はすべてトイレ付きの和室です。裏山斜面に建つ別館は本会の4階と結ばれています。

湯けむりが導くロマンチックストーリー。
過ぎ去り日の思い出を伝えて・・・

川面に映る懐かしい風景を
静かに揺らして、そっと
風が吹き抜ける。
今、ゆるやかに流れゆく
歴史の川を紐解いて
まるで物語の一シーンのように。

■施設のご案内
客室 和室17室(バス・トイレ付含む)
宿泊人員 90様
宴会場 大広間 1(60畳)
中広間 1(24畳)
浴室 殿方・御婦人大浴場各1
露天風呂1(冬季は休み)
元湯洞窟風呂1
その他 多目的ホール喜楽(食堂、宴会、会議など)
売店、専用駐車場完備
※送迎用マイクロバス有り(15名様以上)

■泉質と効能
泉質 含食塩硫化水素泉
浴用の適応症 神経痛、創傷、皮膚病、
婦人科疾患、痔症、リウマチ

銀山温泉の能登屋
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。